ホーム > 債務整理

債務整理

借金問題について

借金問題は、みなさまの状況に合わせて最適な解決を目指します。
生活を立て直すために、一緒に頑張りましょう。


「借金の取立てがきつい」
「家を残したいので、破産はしたくない」
「借金をなくして、生活を立て直したい」
そんなお悩みの依頼者さまがいらしています。

取立てがきついという場合には、弁護士からの受任通知を債権者に送ることで、取立てがストップします。それから、消費者金融との話し合いや、裁判所への申立てなどの手続きに入り、債務整理に入ります。
債務整理は、みなさまが返済可能かどうかなどを考慮し、最適な形を選択していきたいと考えています。
みなさまの生活のリスタートをどうするか、重要な問題です。
しっかり対応しますので、どうぞお気軽にご相談ください。
借金の清算だけでなく、事後の生活のことも考え、しっかりと計画的に対処方法を考えていきましょう。

任意整理

任意整理

債権者である金融機関と個別に交渉して、借金の利息のストップや借金総額の減額をしてもらいます。
過払金が2社・3社とある場合は借金の総額を整理して、生活できる範囲内での返済プランを立て、債権者側と交渉します。支払い条件を決め、きちんと支払うことを約束して協議書を作成します。

個人再生

個人再生

住宅を失うことなく借金総額を減らしたいという場合には、個人再生という方法もあります。
こちらは、裁判所に申し立てることで、住宅ローン以外に抱えている借金の額を大幅に減額することができます。そのかわり、3年など定められた期間内にそれらの借金を返済する必要があります。
住宅ローンを支払い続け、残った借金も毎月支払い続けるだけの借金返済能力が求められますが、自己破産とは違って、職業の制約などがないのが特徴です。

自己破産

自己破産

抱えている借金をすべてなくす方法は、自己破産しかありません。
司法書士に書類作成を依頼してご自身で破産を申し立てるか、弁護士が代理人として申立てを行うか、二通りの方法があります。
ご自身で申立てを行う場合は裁判所の対応などが負担となるので、お忙しい方や不慣れな方は弁護士に依頼されることをお勧めします。また、法律の専門家である弁護士であれば「法律的にやって良いこと・悪いこと」の見分けがつきますので、安心してお任せ頂けます。当事務所では豊富な経験がございますので、みなさまの利益を最大限に守るべくしっかりと対応していきます。

債務問題のケーススタディ

借金返済で首が回らなくなってしまったケース
40代男性。勤務先の業績が悪化して収入が大きく下がったため、転職を決意。現在は、転職活動をしながら、アルバイトをしている。年収約200万円。思うように転職活動が進まず、会社員時代、順調に返済できていたカードの支払いが滞るようになったのをきっかけに、消費者金融から借入れ。返済のために別も消費者金融からも借り入れをするようになり、気付くと5社から借入れ、自転車操業状態に。負債総額約600万円。
最近では、借金の督促が頻繁に来るようになってしまったので、自己破産を検討している。

■契約時の内容
 着手金  20万円
 報酬金  20万円(免責が認められた時)


■受任通知を出して、督促を停止。返済をストップして、申立ての準備を進めながら、生活を再建。
自己破産の申立てを行う。

■免責が認められた。
 報酬金 20万円



■総支払額 40万円+税



弁護士費用の詳細はこちら