事務所ブログ

2015年10月27日 火曜日

【相続】分割協議で相続人同士の金銭貸借を話せるのですか?

「父が亡くなり相続が起きました。父の遺産の分割協議をしようと思いますが、長男が『ずっと前、二男に貸したお金の清算を踏まえて取り分を決めたい』と主張して譲りません。長女の私からすれば、長男と二男のお金の貸し借りについては、よそでやってもらいたいのですが、分割協議の席で決めないといけないのですか?」

 遺産分割は、亡くなった方(被相続人)が持っていた遺産について、誰が権利者として取得するか決める手続です。
 相続人同士のお金の貸し借りは遺産分割とは別の問題なので、基本的には、分割協議とは別の機会に話し合ってもらうことになります。

 もちろん、相続人全員が納得すれば、分割協議の中で、遺産分割とは直接関係のない長男と二男の金銭貸借問題も踏まえて話し合うことは可能でしょう。

 横浜・関内で、相続・遺産分割でお困りの方、まずは、弁護士法律相談を受けることをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所 | 記事URL

2015年10月19日 月曜日

【遺産分割】分割協議でお墓のことも決めないといけませんか?

「父が亡くなり相続が起きました。これから父の遺産の分割協議をしようと思いますが、長男が『自分がお墓などを引き継ぐのだから遺産を多くもらうべきだ』と主張して譲りません。分割協議ではお墓のことも決めないといけないのですか?」

 相続財産の遺産分割の問題とお墓などの祭祀財産の承継の問題は別の問題で、分けて考えられています。
 お墓などの祭祀財産については、祖先の祭祀を主宰する者が権利者になります。

 お墓のことと不動産など相続財産の分割は別の問題なので、お墓を引き継ぐ者が当然に遺産を多く取得できることにはなりません。

 横浜・関内で、相続・遺産分割でお困りの方、まずは、弁護士法律相談を受けることをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所 | 記事URL