事務所ブログ

2015年8月19日 水曜日

【相続・遺産分割】不動産は鑑定が必要ですか?

「父が亡くなり相続が起きました。遺産分割の話合いの中で、相続人全員が公平になるようにしようと思っているのですが、不動産をいくらと評価すればいいかわかりません。きちんと鑑定してもらわないといけないのですか?」

 遺産分割の際に不動産をどうやって評価するか、というのは1つの大きな問題です。例えば、相続人の1人が不動産を取得して、他の相続人に調整のための代償金を支払うケースでは、不動産の評価が高い方がいいのか低い方がいいのか、相続人の間で利害が対立してきます。

 遺産の評価については、基本的には、遺産分割時を基準にしますが、必ずしも鑑定をしなければいけないということではありません。

 評価方法としては、例えば、①相続人各自が、それぞれ不動産業者に依頼して査定してもらい、平均を取って、その金額を評価額としたり、②固定資産税の算出基準になっている固定資産評価額を参考にしたり、③相続税の算出基準になっている路線価というものを参考にすることが簡単なやり方としてあります。
 いずれにせよ、相続人全員で評価について合意できれば、鑑定の必要はありません。

 合意ができなければ、最終的には鑑定ということになりますが、費用がかかることは念頭に置いておく必要があります。

 横浜・関内で、相続・遺産分割でお困りの方、まずは、弁護士法律相談を受けることをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所 | 記事URL

2015年8月 5日 水曜日

【相続】保険金受取人が既に亡くなっているのですが・・・

「父が亡くなり相続が起きました。父は生命保険を契約していたので、保険金の受取人を確認したら、既に亡くなっている母の名前になっていました。母が亡くなった時に保険金受取人を変更しないでそのままでいたと思うのですが、この場合、保険金は誰が受け取れるのですか?」

 法律上は、保険金受取人が既に亡くなっていた場合、その保険金受取人の相続人全員が保険金受取人となることになっています。
 ですので、お母様の相続人全員が受取人になりそうです。
 そして、相続人が2人以上いる場合には、基本的には、平等の割合で保険金を取得することになります。
 例えば、相続人が3人いるのであれば、それぞれ3分の1になります。相続分の割合ではありません。

 もっとも、保険契約の約款で、法律とは異なる定め方をすることもできますので、まずは保険契約の約款を確認することになります。

 横浜・関内で、相続でお困りの方、まずは、弁護士法律相談を受けることをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所 | 記事URL