事務所ブログ

2019年1月21日 月曜日

自筆証書遺言の要件が少し緩やかになりました!

 相続のルールについては、「民法」という法律に規定があります。
 相続については、1980年(昭和55年)の改正以来、制度の大きな見直しがなく現在に至っていますが、今般、超高齢化の進展や社会経済等の変化等により見直しがなされ、大きく変わることとなりました。
 2020年までの間に段階的に施行されます。

 その1つとして、自筆証書遺言に関する改正が、2019年1月13日に施行されました。

 従来は、財産目録も含めて遺言書の全文を自書する必要がありましたが、これからは、遺言書に添付する財産目録については、手書きの必要がなくなります。
 したがって、財産目録については、パソコン等で作成してもOKということになります。ただし、偽造防止等の意味合いから、各ページに署名押印が必要です。

 財産目録以外の本文の部分については、これまで同様、手書きする必要があり、遺言書の全文をパソコンで作成することはできませんが、これまでに比べ、いくらか自筆証書遺言を作りやすくなったとはいえそうです。

 相続をめぐる紛争を防ぐには、遺言書は1つの有効な手段です。
 横浜・関内で、相続・遺言について、弁護士・法律事務所をお探しの方、まずは一度、星原法律事務所の法律相談をお勧めします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31