事務所ブログ

2016年11月14日 月曜日

【相続】生前贈与を受けた人にも遺留分があるのですか?

「父が亡くなりました。遺言書に従って、長男である私が父の遺産を全て相続したのですが、二男から遺留分の主張をされました。でも、父には負債もありましたし、二男は生前贈与を受けています。こういうのは、考慮されないのですか?」
 
 たとえ「すべての財産を長男に相続させる」というような内容の遺言であっても、一定の相続人には最低限、取得できる権利(遺留分)が保障されています。
 
 遺留分が具体的にいくらになるのかを計算するにあたっては、亡くなった方(被相続人)の負債や生前贈与も計算上考慮されることになっています。
 どういった贈与が考慮されるのか、とか、具体的にどうやって計算するのかといったことは、法律や判例で決まっています。

 横浜・関内で、相続・遺留分でお困りの方、まずは一度、弁護士による法律相談をお勧めします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31