事務所ブログ

2016年6月13日 月曜日

【相続・遺言】遺言書に押す印鑑って決まっているのですか?

「自筆の遺言書に花押を書いても押印の代わりにならず無効だ、というニュースを聞きました。遺言書に押す印鑑は決まっているのですか?」
 
 自筆の遺言書を作るためには、全文、日付、氏名を自書して、印を押さなければいけないことになっています。
 押印が必要なのは、わが国においては、重要な文書については、作成者が署名し、押印することで、文書として完成するという一般的な意識があるからです。

 ですので、「押印」が必要ですが、この印鑑は、実印である必要はありません。認印で構いません。ちなみに、指印でもいいことになっています。

 遺言書は、作成のルールが決まっていて、要件を欠くとせっかく作っても無効になってしまいますし、それだけでなく、親族間の無用な争いを招くことにもなってしまいます。

 横浜・関内で、相続・遺言書でお困りの方、まずは一度、弁護士による法律相談をお勧めします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31