事務所ブログ

2015年9月 2日 水曜日

【相続・遺産分割】遺産を隠されていると思うのですが・・・

「父が亡くなり相続が起きました。父は亡くなる直前、長女と同居しており、長女が財産を管理していたはずですが、分割協議の際、長女が明らかにした遺産の資料に納得がいきません。もっとあるはずです。私としては、遺産を隠されていると思っていて、家庭裁判所に申し立てて真相を調べてもらいたいのですが、どうすればいいですか?」

 基本的には、家庭裁判所に申立てをしたからといって、家庭裁判所が遺産を探したりはしません。遺産分割の手続は、今ある遺産を分けることが目的で、遺産を探し出したり、真相究明をしたりすることを目的としたものではないからです。

「こういう財産があったはずだ」と言うだけでは、あまり取り合ってはもらえないので、自分で裏付け資料を集める必要があります。

 横浜・関内で、相続・遺産分割でお困りの方、まずは、弁護士法律相談を受けることをお勧めします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28