事務所ブログ

2015年6月 9日 火曜日

【相続】誰が相続人になるのですか?

「父が亡くなって相続になりました。二男の私としては母や長男と話をしようと思っていましたが、長男はともかく、長男の妻や子ども、さらには伯父(父の兄)まで口を挟んできます。そもそも父の相続では、誰が相続人になるのですか?」

 相続人の範囲は法律で定められています。

 亡くなった方(被相続人)の配偶者は常に相続人になります。
 その上で、配偶者以外の親族は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。
①第1順位
 被相続人の子。
 被相続人の子が既に亡くなっているときなどは、さらにその直系卑属(子や孫などのこと)になります。これは代襲相続といいます。子も孫もいるときは、子が相続人になります。
②第2順位
 第1順位の人がいないときは、被相続人の直系尊属(父母・祖父母などのこと)。父母も祖父母もいるときは、父母が相続人になります。
③第3順位
 第1順位の人も第2順位の人もいないときは、被相続人の兄弟姉妹。
 その兄弟姉妹が既に亡くなっているときなどは、さらにその子が相続人になります。

 上のケースでは、被相続人(お父様)を中心にみると、相続人は、妻と子ども2人(長男と二男)ということになります。

 横浜・関内で、相続でお困りの方、まずは、弁護士法律相談を受けることをお勧めします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31