事務所ブログ

2015年1月29日 木曜日

【相続・遺言】遺言書がないときはどうするの?

「遺言書がないときの相続はどうなるのですか?」
 

 遺言書がないときは、相続人で話し合って誰がどの財産を取得するのか決めることになります。
 遺産分割協議といいます。

 協議の結果、相続人全員が納得すれば、遺産分割協議書というものを作ります。
 協議が調わないときなどは、家庭裁判所で調停手続をすることができます。

 横浜・関内で、相続・遺言・遺産分割協議でお困りの方、まずは一度、弁護士による法律相談をお勧めします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31