事務所ブログ

2014年11月12日 水曜日

【相続・遺言】遺言書はどうやってつくるの?

「子供たちが相続争いで揉めないように、万が一に備えて、遺言書を作成しておこうと思うのだけれども、遺言書はどうやって作るのでしょうか?」

 よく利用されている遺言書には、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2つがあります。

 自筆証書遺言は、法律の定める方式に従って、全文を自分で書いて作成します。
 

 公正証書遺言は、自分で遺言の内容を考えた後、実際の遺言書自体は公証人という方に作ってもらいます。

 それぞれメリット・デメリットもありますので、横浜・関内で、相続・遺言をお考えの方、まずは一度、弁護士による法律相談を受けることをお勧めします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 星原法律事務所

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31